お問い合わせはこちらまで

TEL

03-3723-8011

成人(大人)の矯正|自由が丘駅より徒歩3分の自由が丘銀座歯科

自由が丘銀座歯科
自由が丘銀座歯科へのお問い合わせ

成人(大人)の矯正

~成人矯正~ 大人になってからでも遅くない!

大人の治療ってやっかいだと思われる方も多いと思います。

しかし、大人になってからの治療にもいい点はあるのです。

それは、治療期間が2期に分かれないため、子どもに比べると短期集中的に治療が進む、ということです。

また、大人の場合は「治したい」という気持ちが強く、自分の意思で治療を始める人が多いので、結果的に治療がスムーズに行われやすいのです。

あとは、通院をサボらず、歯みがきをキチンとする、指示された装置を毎日きちんとつける・・・等々、医院と患者様の二人三脚がうまくいってはじめて、矯正歯科は目的達成するのです。

~歯並びチェック~ 矯正治療が必要な歯並びとは

良い歯並びというのは一般的に、歯の並びが重なりや隙間がなく、美しいなアーチを描くような形、あるいは半楕円形をしていることです。

そして上アゴが下ア ゴを覆う形に均等に噛み合っていること、前歯が前に飛び出ていたり、傾斜していない状態のことをいいます。

また歯の並びばかりでなく、口元や上あごや下あごを含めた顔全体のバランスが良いということもたいへん大事なことです。

過蓋咬合

咬み合わせが深く、前から見ると下顎の前歯が見えなくなってしまいます。
ものをよく咬めません。

開咬

口を閉じても、前歯が開いてしまい、歯が上下で噛み合いません。
指しゃぶりが原因になっている場合が多いです。

受け口

下の歯が上の歯より前に出ていることをいいます。
うまく噛めないだけでなく、聞き取りにくい口調になってしまいます。

叢生(でこぼこ)

アゴの大きさと歯の大きさのバランスが悪く、歯の生える場所がなくなっている状態で、上下間でかみ合いません。

出っ歯

上の前歯が強く前に傾斜していたり、上の歯ならび全体が前に出ていたりする状態をいいます。

上下顎前突

上も下も、歯がとびだしている状態をいいます。
この症状の人は、唇が閉じづらい状態であることがよくあります。

成人矯正の流れ

Step1. 初診相談

問診・視診・触診などにより、噛み合わせの状態、予測される治療の開始時期、治療内容、期間や費用についてご説明します。

Step2. 精密検査

歯や口元の写真、歯や頭部のレントゲン、歯列模型など、矯正歯科治療に必要な情報を集めます。

症状によっては顎関節のレントゲン撮影や顎運動の検査も行います。

Step3. 診断・治療計画の決定

検査結果をもとに、診断・治療計画・費用などを詳しくご説明します。

Step4. 動的治療開始

治療計画に従い、矯正装置を使って歯を動かし、段階的に治療を進めます。

上下の歯が計画通りに動いて正常な歯並び・噛み合わせになったら、仕上げの治療をします。

Step5. 静的治療開始

動的治療を終えたら装置をはずし、保定(静的治療)に入ります。

動かした歯を支えて、位置を維持するために、保定装置をつけます。

Step6. 治療後の観察

移動した歯が完全に保定されたら、静的治療を終了します。

その後は定期検診として年に1、2回通院してください。