お問い合わせはこちらまで

TEL

03-3723-8011

目立たない矯正|自由が丘駅より徒歩3分の自由が丘銀座歯科

自由が丘銀座歯科
自由が丘銀座歯科へのお問い合わせ

目立たない矯正

目立たない矯正のメリット

矯正治療をする上で気になることは、矯正器具が目立つことではないでしょうか?

「歯並びは直したいけど矯正器具が見えるから」と抵抗がある方は一度ご検討していただきたいものがあります。

装置が、陶材や樹脂でできているのであまり目立たないというメリットを持ち合わせた装置があります。

材料の進歩により、かなり普及していますし、ホワイトワイヤーやゴールドワイヤーが普及し、表側の装置でも以前より目立たなくなっています。

インビザライン

インビザラインはマウスピース矯正と言われ、目立ちやすいワイヤーやブラケットを一切使わない治療方法です。

それぞれに最適なマウスピースを作成し、治療の進み具合に応じて定期的に新しいマウスピースに交換していくことで歯並びを整えていきます。
少しずつ歯並びを整えていく治療法のため、他の矯正方法と比較して治療中の痛みやストレスは少なく、お口の中を傷つけることもありません。

当院では、毎週火曜日(午前中)水曜日(終日)金曜日(午前中)日曜日(終日)にインビザライン治療を行っておりますので、治療ご希望の方や相談だけでもしてみたいというかた、事前にお電話でご予約いただいたうえでお越しください。

セラミックブラケット

セラミックブラケットは半透明から歯の色に近いものまでいろいろな色があり、歯の表面に取り付けてもほとんど目立ちません。

歯列矯正につきものの、“ギラギラした矯正”というイメージを取り除いてくれます。

矯正にセラミックブラケットが導入されるようになって久しくなりますが、当初は破折や破損が頻繁に起こったようです。いまでは、科学技術の進歩により、改善に改善が重ねられ、金属製ブラケットと同等のあるいはそれ以上の強度があります。

セラミックブラケットには大きく分けて2種類のものがあります。ブラケットの中央の溝にメタルインサートという金属を用いているものと、ブラケット全体がセラミックで出来ているものです。

メタルインサートがあるのは、全部をセラミックで作ると割れやすいという欠点を補強するためです。

またワイヤーと金属の組み合わせだと、歯の移動がスムーズに行われるという理由もあります。これの欠点は強いていえばどうしても金属部分が見えてしまうので、見た目がちょっと悪くなるということですが、ほんの少しなのでほとんど目立ちません。